2016年10月24日

宇都宮 爆発 まとめ「事件自宅に打ち上げ花火…自爆した男、爆発物自作か」

 宇都宮市内で起きた連続爆発事件で、栃木県警は24日、殺人未遂容疑で現場検証を行い、同市針ヶ谷町の元自衛官、栗原敏勝容疑者(72)が自爆した宇都宮城址(じょうし)公園の現場から、乾電池やリード線などが複数発見されたと発表した。

 全焼した栗原容疑者の自宅からは、複数の家庭用打ち上げ花火も見つかり、県警は栗原容疑者が爆発物を自作したとみている。

 事件では、同公園北側のコインパーキングに止めてあった栗原容疑者の車もほぼ同時刻に爆発している。火が一気に上がり、爆発音が確認されたことや、爆風で物が散乱していることなどから、公園と駐車場、自宅の3か所とも爆発物が使用された可能性があるという。

 24日に行われた司法解剖で、栗原容疑者の死因は胸腹部挫滅と判明。栗原容疑者は爆発物を腹のあたりで爆発させた可能性が高い。






宇都宮 駐車場で、車3台爆発炎上 10月23日



2016-10-24_234656.png

【緊急速報】宇都宮市で爆発事件の模様 これまでに1人犠牲に・・・
posted by 鋼侍 at 23:48| 大分 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443096384

この記事へのトラックバック